読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からのアニメ

国際化したアニメを昭和世代から再評価してみます。

昨日見たアニメ(シドニアの騎士 第九惑星戦役 第3話〜第5話)ネタバレあり。

第3話 進路
第4話 激昂
第5話 願望

概ね原作コミック第6巻から第8巻までの内容。アニメと原作コミックではエピソードの順番がかなり違うので細かく記載しようとするのは無理があると判断した。では内容が違うのかというと、話が前後したり省略されたりするエピソードは多いが、原作の内容を損ねるような構成になっていないようだ。

シドニアの騎士(6)

シドニアの騎士(6)

シドニアの騎士(7)

シドニアの騎士(7)

シドニアの騎士(8)

シドニアの騎士(8)

第3話は、小林船長が「不死の船員会」メンバーを落合のクローンに排除させ、大シュガフ船との戦いを表明する。ここは原作コミックでは第7巻160ページ以降のシーンだ。このあと、星白を失った戦闘以来意識不明にあった仄焔が目覚めるエピソードが挟まれている。原作コミックでは第6巻48ページにある。第3話は、つむぎが単独で小シュガフ船オカリナに突撃していくまで。
第4話は、小シュガフ船の罠に捕まったつむぎが暴走してガウナを攻撃し始める。激昂したつむぎに、科戸瀬が正気に戻そうと近づき逆に怪我をしてしまう。科戸瀬に怪我を負わせたことで、正気に戻るつむぎ、科戸瀬機を連れてシドニアに戻ろうとするつむぎの横を小シュガフ船から発射されたヘイグス粒子が抜けようとする。シドニアをガウナが直接狙ったのだ。
身体を張って粒子砲の進路をそらしたつむぎ。第2射を阻止する長道達。しかし、つむぎはボロボロになってしまった。
第5話は、科戸瀬が義手義足になるところから。この辺は原作とはだいぶ違う。
つむぎが重体となったことから元気を失う谷風だが、つむぎが意識を取り戻したとたん元気になる。
つむぎが居住区に入れるよう緑川ゆはたに相談するのだが、にべもなく断られてしまう。
こっそりとつむぎが居住区に入れるよう通路を確保する谷風と科戸瀬。
無事、通路を確保してウキウキだった谷風だが退寮しなければならなかったことを失念していた。
谷風が科戸瀬を頼って泊めてもらうことに。


公式サイトwww.knightsofsidonia.com

公式サイトで入手できるアイコン
f:id:haru_z1k:20150510022841j:plain

公式Twittertwitter.com

アニメ公式サイトwww.mbs.jp