読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からのアニメ

国際化したアニメを昭和世代から再評価してみます。

ゼロの使い魔 21 六千年の真実を読んで。アニメをdアニメストアで視聴する。

ラノベゼロの使い魔」をeBook Japanの電子書籍で購入したのは2013年10月頃のこと。
その頃は、ちょうど、アニメ、マンガ、ラノベに興味を持ち、手当たり次第に購入し始めた頃で、アニメでタイトルを知っていた「ゼロの使い魔」のラノベ(原作)が特売品だったため、当時発売されていた20巻全巻をまとめて購入した。

しかし、3巻目を読み終えたところで、作者のヤマグチノボル先生が2013年4月4日にお亡くなりになっていて、このラノベの結末が未完のまま終わってしまうと知り、読むのを後回しにしてしまったため、つい先日(2016年2月)、第21巻が発売されるまですっかり忘れてしまっていた。そして、新刊の著者名を確認したら「ヤマグチノボル」となっており、「???」と思いつつ、取りあえず第4巻から第20巻までを3ヶ月以上かけて一気に読み終え、昨日(6月5日)、第21巻を購入し、たった今、読み終えたところである。

そして「あとがき」を読んで、ヤマグチノボル先生が亡くなる直前に、編集部とともに、後を継いでくれる作家さんを選択していたこと。
読者の先入観を排するために作家さんの名前を敢えて伏せていることを知った。

第20巻が発売されたのは2011年のこと。
それから5年という永い年月を経て発売された第21巻だが、全く違和感なく読み終えることができた。
この名も無き作家さんと編集部に敬意を表したい。
そして、最終巻となる第22巻の発売を楽しみにしている。
内容についてはネタばれになるため、最終刊を残すのみとなった21巻でもルイズとサイトの関係は殆ど進展しないということだけお知らせしたいと思う。(^0^)

さすがに原作を全部読んでしまうとアニメにも2006年〜2011年に放送されたというアニメにも興味が出てきたのだが、残念ながらバンダイチャンネルでは有料となっている。毎月1080円も払っているのにちょっと不満である。
少なくとも第21巻が発売されたのに合わせて見放題に追加して欲しかった。

さて、
視聴できないと判ると余計に見たくなるもの....
調べて見たらdアニメストアでは月額432円で視聴できることが判った。
もともとdocomoの携帯電話(ガラケー)を使用中でdアカウントも持っているので、バンダイチャンネルに比べて月額使用料が半額ということと、バンダイチャンネルではこの3年間に主立ったアニメは視聴してしまっていたので、試しに視聴してみることにした。

まず、docomoのサイトでdアニメストアの情報を確認すると、スマホタブレットだとdocomo以外でも視聴できると書いてあるが、PCでは視聴できるという情報が無い。

取りあえず、iPad Air2にdアニメストアのアプリをインストールして契約しようとすると「ブラウザからしか契約できない」という情報が。
極めて使い勝手が悪いアプリである。しかも『☆ひとつ』という最悪の評価が最も多い。

嫌な予感しかしないが視聴できなければ無料期間中に契約解除すれば良いと考え、ブラウザから自分のdアカウント(My DoCoMo)に接続し、「お使いの機種では視聴できない場合がある」という警告を無視して、dアニメストアを契約した。
初回登録後31日間無料ということだったが、契約時にそのことは表示されない。

なんだか、ぼったくりサイトに接続した気分である。

そしてiPad Air2にインストールしたdアニメストアのアイコンをクリックするといきなりブラックアウト。
強制再起動である・・・・・・crow

再起動時間が勿体ないのでiMac21.5inch(Late2012)から接続できないか試してみることに。

dアニメストア」をググって、dアカウントでログインしようとすると、新規会員向けにビデオを試聴することができるサイトがあった(My DoCoMo画面からでは表示されない)ので試しに試聴すると文字と音声のみの動画画面が現れた。視聴できることは判ったが何とも「ケチ臭い」試聴画面である。
スマホタブレット向けなので画質が良くないためかもしれないが、なんとも入会する気が薄れる試聴動画だ。

まぁすでに入会してしまっているので、「ゼロの使い魔」の検索をしてみることに。
「さがす」のTOPページから「あかさたな順」の項目があるので、「さ」を選択。更に「さしすせそ」の項目から「せ」を選択すると目的の「ゼロの使い魔」を発見。AmazonのプライムビデオゆヤフーのGYAOよりは使い勝手が良いようだ。

再生してみるとコマ落ちや音声の乱れもないし、マウスを動かすと画面下部にステータスバーが表示され、再生場所を指定するとサムネイルが表示されるのはバンダイチャンネルと同様だ。連続視聴も自動で行われる。
アマゾンプライムビデオは連続視聴が途中で途切れることが多々あるし、GYAOは毎回全画面がキャンセルされるので「面倒くさい」と感じることが多々あるのだが、dアニメは問題ないようだ。

まだ第1話〜第2話を見ただけだが原作ではサイトがパソコンを異世界に持ち込んでいたはずなのにアニメでは路上に落としてきている?
随分と飛ばし読みしたので見落としているのかもしれないが、原作のキャラクターイメージが忠実に再現されているキャスト(声優)だと感じた。
きっと人気の高かった作品なのだろうと思う。
コミックはさすがに購入する気にはならないが、ラノベでは外伝等が出ているようなので、いつか購入してみたいと思う。

第1巻から第21巻まで「まとめ買い」をしたい場合はこちら。