読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からのアニメ

国際化したアニメを昭和世代から再評価してみます。

昨日見たアニメ(ばくおん 第1話)ネタばれ無し。


TVアニメ「ばくおん!!」Blu-ray & DVD発売決定CM

冒頭のYouTubeは、アニメ公式サイトでホームページの冒頭で表示されるものだ。
実写版でけっこうカッコいいと思うのは私がオジさんになった証拠だろうか?

私は1980年〜1992年と2008年〜2010年にかけてバイクに乗っていた。
自動二輪の免許を取得した当時、自動車学校では中型二輪までで、大型二輪免許は試験場でしか取得することができず、私も自動車学校で中型免許を取得、就職後、福岡市野間にある試験場で「限定解除」を行ったひとりである。当時、山口県と福岡県では限定解除の成功率は約2%、50人受けてひとり合格という非常に厳しい状況であった。試験を受けてすぐに次回の試験予約を行うのだが、約3週間に1回程度しか受験できないほど、順番待ちが長く、6回目の受験でようやく合格できた。
試験場で置かれていた引き起こし専用の白バイは、フレームが曲がっているうえ、タイヤの空気が抜かれていて、相当気合いを入れての「引き起こし」が必要だったり、S字・スラロームのコースを手押しで回る試験があったのだが、どちらも、ヤンキー風のお兄さんは、なかなかOKが出ず、ほとんどがギブアップしていたのを覚えている。
このアニメに出てくるような16歳の女子高校生が大型免許を取得できるなんてのは、少なくとも福岡県と山口県では奇跡に近い状況だったと思う。

この「ばくおん」に出てくるマシンのいくつかは、私も乗った経験があり、原作マンガについてはアニメ開始前に既に全巻読んでいるので、原作の素晴らしいマシン描写をアニメでどのように再現してくれるのか非常に楽しみである。

アニメ公式サイト
bakuon-anime.com

秋田書店サイト
www.akitashoten.co.jp

公式Twitter
twitter.com

アニメ第1話「にゅうぶ」は原作コミック第1巻第1話〜第3話の内容。
エンディングに

                                                  •  

※この作品はフィクションです。
演出上、一部危険な行為もありますが、実際の道路でオートバイに乗る際は、
ルールを守って安全に運転しましょう。

                                                  •  

と表示がありました。(^0^)