読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からのアニメ

国際化したアニメを昭和世代から再評価してみます。

昨日見たアニメ(俺物語 第4話〜第5話)ネタバレあり。

「働いたら負け」を実感している。仕事の疲れ方が半端なく、見たいアニメも見る余裕が無い。
このままバイトを続けていても、なんらメリットが無いことが判明したので今月末で別のバイトに鞍替えすることにした。それに伴って小銭稼ぎのためのFXを再開。もともと最初の契約だった夜勤だけにしてもらった。こうして土曜日の日勤を外れることが出来た。
今日(土曜日)は朝6時までFXをして、4時間ほど睡眠を取って10時に起床。
シャワーを浴びた後、録り溜めたアニメを見ている。

第4話 うちの彼氏
第5話 俺はニブイ
第4話は原作コミック第2巻冒頭から48ページまで。原作コミックでは第5話が先に展開している。

俺物語!! 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)

俺物語!! 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)

通学電車の中で女子に注目される砂と男子に注目される猛男。ふたりが友人であることを知って周りが驚く。
公園で待ち合わせして会話する猛男と凛子が天然の会話をしているのを見て、砂が微笑む。「なんか、じぃちゃんとばぁちゃんになっても2人はそんな会話していそうだね」
凛子は女子校の同級生に猛男のことを「かっこいい」と言って自慢している。
そんな大和の同級生達と合コンをすることに。

トイレに立ったまま帰ってこない友人の様子を見に行く凛子。凛子に付きそう猛男。
凛子の友人が猛男の悪口を言っているのを立ち聞きしてしまう。
走り去る凛子を追う猛男。
友人が猛男の悪口を言っているのを聞いて猛男が傷ついたと泣く凛子。
「俺は何も傷ついていない。」
「人はそれぞれだ」
「俺の心配はいらん。傷ついたのはお前だろう」
「人はそれぞれだからこそ、俺は大和に会えたんだ。大和」

ふたりして合コン会場へ戻ると火事が。
取り残された凛子の友人ふたりを助けるためにビルに飛び込む猛男。
ふたりを助けた猛男は落ちてきた瓦礫に挟まれ動けなくなる。
諦めかけたその時、砂から電話が。
「大和さん。もう今にも火の中飛び込みそうな勢いだから。」
「そういう訳だから。おまえ何とか早いところ帰ってきてくれる」
「おまえ、いないと俺もつまんないし」

凛子を想う一念が猛男を奮い立たせ、ガラス窓をぶち破って脱出する。
猛男のかっこよさを理解する凛子の同級生。
砂は「俺、お前は老衰以外で死なない気がする」
自宅に帰り、凛子からのメールを受け取る猛男。
そして。ひとり心の中でつぶやく。
「春だな。春はいいな。大和。」

第5話は原作コミック第1巻105ページから136ページまで。

俺物語!! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

俺物語!! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

冒頭の電車通学の一幕(素行の悪い3人組を意せず威圧し追い出したり凛子を電車から降ろすため、自らは電車に取り残されるシーン。そのシーンをクラスメイトに携帯ビデオを撮られて配信されるシーン。)は原作コミックに無い。
川に落ちた子供を助ける猛男。
そのまま凛子との約束の時間に遅れないため、走りゆく砂と猛男のふたり。
天然ふたりのデートは砂を交えて続く。
砂の姉ちゃん登場。砂の姉ちゃんは猛男が好きだった。
猛男を好きになる娘が私以外に居るはずが無いと断言し、デート現場に現れる姉ちゃん。
凛子の微妙な態度に凛子が猛男に何か隠していると気づく。

さすがに、にぶい猛男も凛子が何か悩んでいることに気づき、コンビニの本コーナーで女性誌を見て女心の研究をしようとする。それを見つけた砂の姉ちゃんは、
「彼氏に言えないことかも。二股とか浮気とか他に好きな人が出来たとか・・・」
猛男が答える。
「たとえそうだとしても問題ない。大和が悩んでいることの方が問題なんだ」
砂の姉ちゃんは、凛子から悩みを聞き出すことを約束する。

アニメ公式ホームページwww.anime-ore.jp