読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳からのアニメ

国際化したアニメを昭和世代から再評価してみます。

昨日見たアニメ(魔法科高校の劣等生等)ネタバレ有り

昨日見たアニメ
魔法科高校の劣等生 第26話 横浜騒乱戦Ⅵ
達也の能力が友人達の目の前で次々と解放されていく。コンペ会場で大勢が見ている前で披露せざるを得なかった分解の能力は三校のカーディナルジョージに別の能力に間違わられて誤解させることができたようだが、別働隊で敵を制圧するために淡々と相手を殺していくのを「みずき」や「ほのか」にも見られて少し引かれてしまう。軍の特尉であることも元生徒会のメンバーや友人達にもばれてしまう。妹のみゆきが沈んだ表情をみせる。兄と友人達が別世界にあることが明らかになっていき「別れ」が来ることを心配しているのだろうか。特尉であることがばれて美雪が兄の能力をみんなの前で開放する。たぶん達也から溢れ出た光は、彼が持つ核兵器並の魔法力を示唆しているのだろう。
原作のラノベでは「追憶編」「スティーブルチェース編」「夏休み編」と様々なバリエーションがあるみたいだが、取りあえずこの横浜騒乱戦を持って第一期は終了する気がする。
※敵を、今までダイヤ連合だと思っていたが、ホームページ見て初めて大亜連合だと知った。アジア系にはみえないが、大亜細亜連合の略だろうか。
アニメ『魔法科高校の劣等生』


②ソードアートオンラインⅡ 第11話 強さの意味
ゲーム世界の殺人が実世界の殺人に繋がるカラクリをkiritoが解いていく。ソードアートオンラインの第一期では、SAOの黒幕である茅場晶彦は、第1話で存在を誇示しておきながら、第9話で血盟騎士団団長として本当の姿を隠して現れるまで、全く出てこなかった。参加するゲームが変わったALO(アルブヘイム・オンライン)編では黒幕が最初の第15話からいかにも悪役という感じで登場している。今回のGGO(ガンゲイル・オンライン)では、犯人がSAOサバイバーであることと今話で2名存在することが示唆されたが、今のところそれらしい人物は示唆されていない。しかし、リアルでの殺人に注射が使われている可能性があることから、第3話で登場し、Kiritoがdiveしている都立病院の関係者が怪しい気がする。kiritoのリハビリを担当した看護婦の「あき」さんの家族又は恋人が殺人ギルド「ラフィンコフィン」のメンバーであって復讐をしている可能性もあるのかなぁなんて想像している。世界中で1400万部読まれたweb小説で電撃文庫さんから紙の本が出版されているそうだが電子書籍版は無いので原作が読めるのはいつになることやら・・・。


③アルドノア・ゼロ 第11話 ノヴォスタリスクの攻防
火星の姫様ちょっとかわいそう。ここまで見てきて、なんとなく「コードギアス」に似ていると感じた。コードギアスは最初からアニメとして作られた作品だそうで原作の小説やまんがは無い。アニメを元にした小説はある。アルドノア・ゼロの方は、インターネットで調べると(ALDNOAH.ZERホームページ、ABOUT→STAFF→原作者名)原作がOlympus Knightsと書いてあるが、Olympus Knightsという作家の実績はどこにもない。架空の人物であるとの説もある。両方ともロボットアニメで貴族がでてくる。しかし、アニメ監督(コードギアス谷口悟朗氏でアルドノアがあおきえい氏)も制作会社(コードギアスサンライズでアルドノアがA1 Pictures+TROICA)も全然違う。

ALDNOAH.ZERO
ニコニコ動画で振り返り放送なるものが上映されるらしい。

INFORMATION | ALDNOAH.ZERO


ダイヤのA 第48話 寮にて
甲子園をかけた稲城実業高校との決勝戦まで秒読み段階。原作を読んでいないので全く展開が予測できない...というか主人公が一年生ということもあって、どういう展開にも持って行けるということだ。負けてリベンジ。勝って甲子園でさらなる強敵と遭遇して負けるとか、怪我、判断ミス、事故、不正、ありとあらゆる要素を盛り込めてしまう。作者のアレンジ力を楽しみにしている。原作の漫画は2000万部を突破している。

⑤ハイキュー 第24話 脱・"孤独の王様"
「目の前にいる相手さえ見えていない奴が、その先にいる相手なんか倒せるかよ」
とうとう烏野高校負けた。エンディング・テーマソングの後、みんなで食事するシーンがあり、食事中、声も立てず泣きながら黙々と食べている。なかなか良いシーンだが、負けて泣くことを禁じたアニメもあった。
おおきく振りかぶって」の夏の大会編 第12話、原作コミックだと第14巻p192〜。
夏大地区予選で敗退した西浦高校。応援団にお礼を述べた後が泣きそうになっているメンバーに、監督が声をかける「その悔しさは自分を鍛えるエネルギーだよ」「泣いて悔しさ晴らすなんてもったいないことしない!!」ああ自分にこんな言葉をかけてくれる先生や上司がひとりでもいただろうか。
最後に秋の新作アニメ「七つの大罪」の宣伝をしていたが、次回が最終話なのかな?

ベイビーステップ 第24話 義務と欲求
なっちゃんピンチのメールに思わず応援に行く栄一郎。相手は前年の中学全国大会優勝者。でも、なっちゃんは強い精神力で乗り切ってしまう。結局、翌日優勝を決める。新しいコーチに、自分の欲望のままに行動するよう勧められる栄一郎。次回、奈津とのデートに発展。